お酒は水と一緒に飲もう

健康を意識してお酒を飲む場合、その飲み方にも拘ってみましょう。

 

お酒を飲む時は、水も一緒に飲むように心がけて下さい。

 

例えばウイスキーや焼酎などアルコール度数の高いお酒を飲む場合、
そのままでは身体に負担を与えます。
胃腸や肝臓に負担を与え、
血液中のアルコール濃度が上昇するため酔いやすくなります。
水で薄めて、ゆっくりとお酒を楽しむ事をお勧めします。

 

しかしお酒好きの人によっては、
ストレートのままの味を楽しみたいという人もいるでしょう。
その場合はチェイサーも一緒に飲みましょう。
チェイサーとは、度数の強いお酒を飲んだ後に飲むノンアルコール飲料の事です。

 

これは日本酒でも同じ飲み方があり、
日本酒の後に飲む水の事を和らぎ水と呼びます。

 

チェイサーも和らぎ水も、どちらも口の中をスッキリさせ、
酔いを抑え、胃の負担を和らげる効果があります。

 

空腹時だと他に消化されるものがないため、
アルコールがすぐに小腸へ送られてしまいます。
その結果、悪酔いや二日酔いの原因となるため、
水だけでなくおつまみと一緒に飲むようにして下さい。

 

またお酒と一緒に水を飲む効果は、他にもあります。
摂取したアルコールを体内で代謝・排出するためには大量の水が必要となります。
この時、水が足りないと二日酔いの原因になってしまいます。
また水分不足は翌日のむくみの原因ともなります。

 

そしてアルコールには利尿作用があり、トイレが近くなります。
そのため排出された水分を、
しっかり補わなければ脱水状態になりやすいので注意して下さい。

 

つまり、お酒を飲む時に一緒に水を飲むという飲み方は、
健康のためにとても理にかなった飲み方だと言えるでしょう。
蒲田の貸切バーはとっても盛り上がりますが、お水も一緒に飲むのを忘れずに楽しみたいですね。