精進料理とシャンパーニュ

健康志向の高まりによって、和食がヘルシー料理だと注目を集めています。
ですがそんな和食の中でも、究極のヘルシー料理と言えば精進料理です。

 

精進料理とは、仏教の戒律に基づき、殺生や煩悩への刺激を断ち切るために、お肉や魚を使用しない料理の事です。
そして精進料理とは、寺院仏閣で提供される料理というイメージが強いかもしれません。
確かに寺院仏閣でも、仏門の修行の一端を体験出来るコースが設けられていて、宿坊の際に精進料理が提供されます。

 

ただ寺院仏閣でしか食べれない料理ではなく、京都を中心に精進料理専門店や老舗の料理屋でも精進料理を食べる事が可能です。
さすがに宿坊の際には、体験とは言え修行中ですから、精進料理と一緒にお酒を飲むという事は出来ません。

 

ですが老舗の料理屋などは接待で利用される事も多く、もちろんお酒も一緒に提供しています。
精進料理とお酒って合うの?と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

ある料理屋では、精進料理とシャンパーニュを組み合わせています。
精進料理は味が薄くて淡白だと思われがちですが、素材の味を生かしてあり、しっかりとした味付けです。
そのためシャンパーニュとの相性もよく、長く余韻が感じられる味わいがあります。

 

シャンパーニュ自体も、フレンチはもちろん、お寿司などとも相性のいいお酒で、和食との相性はいいのです。
もちろん、精進料理は定番の日本酒とも相性は抜群です。
お酒を飲むと、太ってしまう要因の多くは、高カロリーな料理と一緒に飲んでいるためです。

 

なので精進料理のような低カロリーな料理と一緒に飲めば、健康的ですし太る心配もありません。