焼酎で血液をサラサラに

お酒を飲むのは身体に悪い。
そのようなイメージを持っている人は今すぐ改めましょう。

 

悪いのはお酒ではなく飲み過ぎてしまう習慣です。
飲み過ぎ、食べ過ぎによって身体に悪影響を与えるのはお酒だけではありません。
むしろ、お酒を適量で飲めば
私たちの身体を健康にしてくれる作用も期待出来るのです。
新潟にある居酒屋個室は健康的なお酒も取り揃えていると噂です。
今回おすすめしたいのは焼酎です。

 

焼酎には私たちの血液をサラサラにしてくれる効果があります。
現代人は、不規則生活習慣や偏った食事によって
血液の健康状態が悪化しているといわれています。

 

特に重大なのが血管の中で血液が固まり、血栓を形成してしまうことです。
血液中に血栓が過剰に形成されてしまうと、血液が上手く流れなくなります。
その結果、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患を引きこすことがあるのです。

 

私たちの身体は、血栓の量を自動的に調整する
ウロキナーゼという酵素を生み出していますが、
生活習慣などの乱れが続くとその力が衰えてしまいます。

 

芋や麦の香りが強い、いわゆる本格焼酎と呼ばれるお酒には、
ウロキナーゼの分泌を促進する効果があるのです。

 

数あるお酒の中でも、
本格焼酎がウロキナーゼの成長を促す力が高いといわれています。
ウロキナーゼはすでに存在する血栓をも溶かすことが出来ます。

 

ワインに含まれるポリフェノールにはこの力が無いため、
これから血液の状態を注意していきたいという人にとって、
本格焼酎はおすすめのお酒なのです。

 

本格焼酎の香りが苦手という人は、
水割りにして飲むことから始めてみましょう。
どんなに美味しく感じられても、本格焼酎の適量は二合程度です。
適量を守りながら美味しく健康な身体を作りましょう。