お酒に弱くても飲み会を楽しみたい

飲み会に参加したけれど、
お酒に弱いせいですぐに酔っぱらってしまい全然楽しめたことがない。
飲み会は好きだけれど、お酒が苦手なせいで疎外感を感じてしまう。
お酒に関する耐性は人それぞれです。
飲み会は、お酒が好きな人だけが楽しめばよいという場所では決してありません。
今回は、お酒が苦手な方でも飲み会を楽しく過ごす方法を探っていきましょう。
飲み会が始まる前の行動で、その日の酔いやすさが決まることをご存知でしたでしょうか?
ウコンやチーズ、シジミなどが含まれている食品を摂っておくとアルコールがスムーズに分解され酔っぱらいにくくなります。
こうした食品でなくても乾杯する前におなかをある程度満たしておくことで、
胃や腸がお酒に驚くことなくアルコールが吸収されることを覚えておきましょう。
お酒が苦手な人は、なるべくお酒を飲まないほうが楽しく過ごせます。
しかし、アルコールを全く口にしないことは場の空気が許さないようなシチュエーションってありますよね。
そんなときは、アルコール度数が低いお酒をチェイサーと一緒に飲むことをおすすめします。
アルコール度数が低いお酒というのは、ワインやビール、日本酒といった醸造酒です。
これを一口飲んだ後にソフトドリンクをすぐ飲んでしまえば、お酒の味が口に残ることはありません。
居酒屋などで飲み会がある場合は、店員にこっそりソフトドリンクを注文しておきましょう。

鞄にペットボトルの水などを入れておいても構いません。
料理を取り分ける役や会話へ積極的に参加することで、
お酒を飲まなくても不自然ではない様子を演出するのもテクニックです。
お酒が苦手でも、工夫を凝らして飲み会を楽しみましょう。

 

楽しい飲み会をしたいなら焼肉 西麻布 けんしろうはおすすめ