薬を飲んでる時にはお酒は飲まない

今日は飲み会に参加するけど、
少し風邪気味だから悪化する前に薬を飲んでおこう。
そんなふうに考える人もいるかもしれません。

 

しかし薬を飲むのはちょっと待って下さい。

 

薬を飲んでいる時に、お酒を飲む事は大変危険なのです。
薬もお酒も肝臓で分解されるため、肝臓に負担がかかりすぎ、
薬の影響が強く出てしまう可能性があります。
場合によっては生命にかかわる事だってあるのです。

 

特に注意が必要な薬は、睡眠剤や精神安定剤、糖尿病などの薬です。
睡眠剤や精神安定剤は脳神経の興奮を抑える薬で、
効きすぎると意識を失う場合があります。

 

また胃薬を飲んでアルコールを飲んでしまうと、
アルコールの分解能力が低下し、悪酔いしてしまうかもしれません。

 

風邪薬で異様に眠くなって、自力で自宅まで帰れなくなり、
一緒に飲んでいたメンバーに迷惑をかけてしまったり、
鎮痛剤で胃が荒れてしまったり、薬によって現れる症状は異なります。

 

基本的に薬を飲むという状況は、
身体が不調な時なので本来お酒を控えた方が賢明です。

 

まずは体調不良を治してからお酒を飲むべきです。
ただし、持病はあるけれど、お酒は大好きなので、
禁酒をするのは難しいという人もいるでしょう。
その場合は、薬によってお酒にあまり影響しない種類があるので、
一度医者に相談してみましょう。

 

「酒は百薬の長」という言葉を都合よく解釈している人もいるかもしれません。
しかしこの言葉には続きがある事を知っていますか?
「酒は百薬の長、されど万病の元」です。
適量であれば確かに健康によい効果をもたらしますが、
飲みすぎると万病の元となってしまいます。
上手な距離感で、お酒との付き合いを学んでいきましょう。