キレイになるお酒

お酒を飲みすぎた翌日は、顔がむくんでブスだし、寝不足で化粧のノリも最悪です。
そのためお酒は、美容に悪いというイメージを持っている人もいるかもしれません。
ですがお酒は飲み方次第で、美容効果を高める事も可能です。

 

では美容にいいお酒について、いくつか紹介していきます。
例えばワインや日本酒、梅酒には、美肌効果があるビタミンやミネラルが含まれています。

 

ワインや日本酒、梅酒には共通点があり、全て醸造酒です。
醸造酒が美肌にいいと、覚えておくといいでしょう。

 

特に日本酒は、麹が含まれています。
麹は飲む点滴と江戸時代から重宝されていて、保湿効果、美肌効果、アンチエイジングの効果があります。
特に熱燗にして飲むと、身体が内側から温まるので、血行の流れがよくなり、ますます美肌効果が高まります。

 

またビールは苦いし太りやすいと、敬遠する女性も少なくありませんが、苦味の成分であるポップは美髪効果があります。

 

女性が好むカクテルも、メニューの選び方次第で、美容効果が高まります。
柑橘系の果汁の生搾りのカクテルであれば、果汁にビタミン類や食物繊維が含まれるので、美容効果があると言えます。
他にもレッドアイは、ビールとトマトジュースで割ったカクテルです。

 

トマトにはビタミン、カリウム、リコピン、鉄分などの栄養素が豊富に含まれるため、栄養価の高いカクテルです。

 

ただし美容に効果があるお酒だとしても、飲みすぎると健康を損なう可能性があります。
飲みすぎないほろ酔い加減の適量を心掛けましょう。
適量は個人によって異なりますが、目安は日本酒で1合程度、ワインやウイスキーはグラス1杯程度、ビールは1缶(330ml)、カクテルに関してはアルコール度数がそれぞれ異なるため、注文の際に注意が必要です。