太らないお酒の飲み方とは

メタボリックシンドロームや生活習慣病という言葉が定着した昨今では、お酒が健康の敵であるかのように思い込んでいる人もいるかもしれません。
確かにお酒の飲み過ぎは内臓の機能を阻害し、脂肪の蓄積を促します。
しかし適切な量であれば、肉体への負担を最小限に抑え、体重の増加を予防することも出来るのです。
そこで今回はお酒の飲むときに気を付けたい、太らないための飲み方をご紹介します。

 

大切なのは、少ないお酒の量で満足する方法を見つけるという点です。
肝臓が分解しなくてはいけないアルコールの量が増えるほど、お酒による健康被害が体内で蔓延する可能性が高まります。
ビールや日本酒、ワインといった醸造酒が好きな方は特に注意してください。
醸造酒は比較的アルコール度数が低いため、気が付くとグラスを何杯も空にしているというケースがあります。
いくらアルコール度数が低いといっても、ハイペースで飲み続ければ二日酔いになるのは当然です。

 

さらに、醸造酒は糖質が豊富に含まれていることもあり、蒸留酒よりも太りやすいお酒なのです。
お酒による肥満を防ぐには、なるべくスローペースで蒸留酒を呑むことが最適といえます。
蒸留酒とはウィスキーやバーボンなど、お酒を製造する際に蒸留という過程を経ているものです。

 

ただし、蒸留酒はカクテルのベースとして使われることが多く、蒸留酒だから安心とカクテルばかり飲んでいると、ジュースやフレーバーの糖分によって肥満が蓄積されることもあります。
こうした事態を避けるためにも、蒸留酒を水やお湯で割り、一口ずつ舐めるように味わうようにしましょう。