冷え性を予防しながら飲むには

お酒を飲む方にとって、健康な身体は何よりも不可欠なものといえます。
大きな疾患にかかってしまうと医者から飲酒を制限されることがしばしばあるからです。
大好きなお酒を思い切りたのしむためには、
健康に気を付けながら飲む習慣を身につけましょう。
快適な空間でお酒を飲むことが出来る場所として知られているのが居酒屋です。
夏場は、外が暑くても居酒屋に行けばクーラーが効いた空間で思い切りビールをお飲みいただけます。
しかし、こうした飲酒習慣はときに冷え性を招くことをご存知でしたか?
冷え性は血管を通して発生します。
血管の以上はあらゆる病気の源です。
今回は、居酒屋で飲むときに冷え性にならないための秘訣を見ていきましょう。
お酒で身体を冷やさないためには、まず注文するお酒種類に気を付けましょう。
キンキンに冷えたビールは確かに美味しいですが、飲み過ぎると血管だけでなく内臓も冷やしてしまいます。
次の日のことを考えるとあまり冷えていないお酒がおすすめです。
日本酒の熱燗やぬる燗、焼酎のお湯割りなどがおすすめです。
ウィスキーや焼酎のような蒸留酒はアルコール度数が高いため富むペースが自然と落ち着きます。
ビールを何杯も飲むよりも健康的な飲み方なので、1度お試しください。

次は、おつまみについて見ていきましょう。
身体を冷やす食材といえば、野菜です。
冷たいお酒を飲んでいるときに生野菜を食べると、相乗効果で身体がすぐに冷えてしまいます。
サラダを控えめにしながら、炒め物や鍋など火が通った野菜を食べることで冷えを予防出来るのです。
冷え性を予防しながら居酒屋を楽しみましょう。

 

美しょうの美味しい鉄板焼きなら、心も体もあたたまることができますよ。