焼酎の美容と健康効果

過度な飲酒は美容と健康を損なうのは間違いありません。
ただし、あくまで過度になった場合に限られることに注意しましょう。
お酒好きの方がお酒の摂取をいきなり中止して、
ストレスを溜めてしまった場合はそちらの方が身体に悪いのです。
適度な飲酒はストレス解消にもなりますから、
自分へのご褒美としてたまに嗜む程度であれば健康を害することは無いのです。
適度にお酒を飲むのであれば、なるべく身体に優しい種類のものが良いですよね。
そんな方は焼酎を飲んでみましょう。
焼酎の魅力はカロリーの低さとアルコール度数の高さです。
焼酎は蒸留酒の一種であり、蒸留という過程では余計な糖質がカットされています。
そのため日本酒やワインよりも糖質が低くなっており、太りにくいお酒として有名なのです。
アルコール度数が高い方が身体に良くない感じがしますよね。
確かに、高いアルコール度数のお酒を大量に飲んでいれば身体は当然壊れてしまいます。
しかし通常は、アルコール度数の高いお酒を浴びるように飲むことはありません。
むしろ飲むペースがゆっくりになりますから、
ビールや日本酒をよりも肝臓に負担をかけない飲み方が出来るのです。

忘れてはいけないのが焼酎に含まれているウロキナーゼという成分です。
ウロキナーゼは、血液がドロドロになるのを阻止してくれます。
そのため、動脈硬化などの血液に関する病を予防してくれるのです。
血管内の血がさらさらしていると、お肌の調子も良くなります。
こうした効果が高いのは焼酎乙類、いわゆる本格焼酎と呼ばれているものです。
芋焼酎や米焼酎など、原料の香りや味を強く感じられます。
アルコール度数が高いので、最高でもコップ2杯をお湯や水で割って飲む程度に留めておきましょう。

 

陣 川崎東口駅前店