美容料理で身体の内側からキレイ

美容料理という言葉を聞いた事がありますか?
美容料理とは、食べる事で身体の内側から綺麗を目指す食事法の事です。

 

美容料理のレシピは、本当に多様なので、自分の体調や肌の状態に合わせて料理を選ぶといいでしょう。
例えば冬は肌の乾燥が気になる季節です。

 

肌に潤いを与えるセラミドを多く含む食品は、ブロッコリーととうもろこしと生芋こんにゃくです。
忙しくて自炊が出来ないし、スーパーに買い物に行く余裕がないという人でも美容料理は可能です。
コンビニで、ヨーグルトとバナナを購入すれば、パンとヨーグルトバナナと野菜ジュースでも立派な朝ごはんだと言えますよね。

 

年末年始に飲み会続きで、肌にも疲れが出てしまう。
そんな時にはヒアルロン酸を多く含む、うなぎやフカヒレ、すっぽんなどの食品がお勧めです。
ちょっと贅沢にすっぽん鍋なんて、栄養価も高く翌日はお肌がつるつるになるでしょう。

 

他にも乾燥肌に効果的な食品には、ピーマン、ホウレンソウ、長芋、オクラ、アボカド、チーズ、納豆などが挙げられます。

 

また肌の乾燥だけじゃなく、アンチエイジング効果のある食品を。
そう考えているのであれば、1日7色の抗酸化食品を摂取するように心がけましょう。
例えば赤ならトマト、黄色ならレモン、橙ならにんじん、緑なら緑茶、白なら玉ねぎ、紫ならナス、黒なら黒豆という具合です。

 

私達の身体は食べたモノで造られます。なので美容料理を食べて身体の内側からキレイを目指しましょう。
加えて食品だけでなく、飲料も美容にいいモノを心掛け相乗効果を狙っていきましょう。
女子ウケ抜群!道玄坂のオイスターバー スパイラルはこちら