甘酒はお酒なの?

甘酒は飲む点滴と呼ばれるぐらい、健康や美容にいい飲み物です。
しかし甘酒という名前から、お酒だと勘違いしている人も多いかもしれません。
ですが、実際にはアルコールは含まれず、アルコールが苦手や女性や子供が飲んでも問題ありません。

 

ではなぜ「甘酒」と呼ばれるようになったのでしょうか?
それは甘酒の製造工程が、日本酒の製造工程と類似していて、昔は酒蔵が甘酒も一緒に造り、販売していたためです。
酒屋で販売され、甘い飲み物という事で、甘酒と呼ばれるようになったというわけです。

 

また甘酒が甘いので、たくさん砂糖が使用されていると思っている人もいるかもしれません。
ですが、砂糖は一切使用されず、麹菌によってデンプンが分解され、糖化されるため甘くなるのです。

 

甘酒には、麹菌や乳酸菌などが多く含まれるため、腸内環境を整える効果があります。
腸内環境が整い、便秘が改善される事で、老廃物が体外に排出され、美肌効果も期待できます。

 

また甘酒は非常に栄養価が高く、ブドウ糖、タンパク質、ビタミン、パントテン酸など様々な栄養素を含みます。
そのため夏バテや食中毒予防、疲労回復目的で、昔は夏にこそ甘酒が飲まれていたのです。

 

今では、気軽にコンビニでペットボトルや缶に入った甘酒を購入する事が可能です。
また甘酒は一夜酒という別名もあり、たった1番で造る事が可能です。
炊飯器を使用すれば、簡単に発酵させる事も可能で、自分の好みの味で造る事が出来るのも嬉しいですよね。
もし、身体を内側から綺麗にしたい、健康で長生きしたい、そう思っているのなら、甘酒を飲む習慣を身に着けてみてはいかがでしょうか?
桜木町 居酒屋でやる飲み会はいつも楽しいです。